※所長のブログは、こちらから!

【事業復活支援金】最大250万円!給付額の算定方法について

大阪市の本町から事業復活支援金の情報をお届けします。支給金額の算出式が発表になりました。

算出式

基準機期間の売上高ー(対象月の売上高×5)

 ※基準期間

  2018年11月~2019年3月、

  2019年11月~2020年3月、

  2020年11月~2021年3月のいずれかの1ヶ月を選ぶ。

 ※対象月

  2021年11月~2022年3月のいずれかの1ヶ月で、基準期間の月と対応すること

売上減少率が最も高い月を選べば最大金額で受給できます。

支給上限

個人事業主(フリーランス含む)

 売上高減少率 50%以上 50万円

        30%以上 30万円

法人

 売上高減少率 50%以上 

  年間売上高1億円以下 100万円

  年間売上高5億円以下 150万円

  年間売上高5億円超え 250万円

 売上高減少率 30%以上

  年間売上高1億円以下  60万円

  年間売上高5億円以下  90万円

  年間売上高5億円超え 150万円

売上減少率=(基準期間の月間売上ー対象月の月間売上)÷基準期間の月間売上×100

個人事業主が最大限受給するには?

(例)

職業:デザイナー

売上

2018年11月300,000円
2018年12月100,000円
2019年1月300,000円
2019年2月500,000円
2019年3月600,000円
2019年11月100,000円
2019年12月200,000円
2020年1月100,000円
2020年2月150,000円
2020年3月150,000円
2020年11月200,000円
2020年12月500,000円
2021年1月300,000円
2021年2月150,000円
2021年3月200,000円
2021年11月800,000円
2021年12月100,000円
2022年1月以降・・・・・

以上の例の場合、

基準期間(2021年3月以前)と対象月(2021年11月以降)で差が大きいところを選びます。

2021年12月の売上が10万円と1番低いので、対象月を12月とします。

基準期間の中の12月で売上が1番高いもの、2020年12月の50万円を選びます。

基準期間の合計売上ー(対象月の月間売上×5)なので、

 20万円+50万円+30万+15万+20万円ー(10万円×5)となり、

 計算結果は85万円です。

 支給金額の上限があるので、売上減少率を見ます。

  50万円から10万円なので、80%で、50%以上の減少となるため上限は50万円となります。

 計算結果が85万円と上限を超えているので、上限の50万円が支給されます。

事業復活支援金の詳細

 【事業復活支援金】最大250万円が支給!フリーランスも対象!対象者とその内容について – クロスターミナル行政書士事務所 (xlos-terminal.com)

 中小企業庁リーフレット   

 

ひとこと

逐一、情報が出てくると思います。

また詳細が判明次第、公式LINEやホームページでお知らせしますので、

友達登録 or ブックマークよろしくお願いいたします。


大阪の本町で補助金・支援金・起業支援・遺言・相続を中心に活動する行政書士

 クロスターミナル行政書士事務所:下井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP